デリヘル-山口県-

デリヘル探すならアソビバ

編集部イチオシはこの娘

写真何故この女の子か?それには私個人としての深い深い思い入れがあります。まずはお名前から。実はね、以前っても10数年前、まだ 私が風俗も知らなくて大阪でいた10代のころ、ミナミという飲み屋街にある「矢という字を英語にした」名前の高級クラブがありまして、そこに20 そこそこの可愛い女の子がいて、そのあいかという名前でした。明るく誰とでも打ち解けて、気配りも出来る愛らしい女性でしたね… もう察しはつきますかね?まさに、そんな女の子がいたんだ、って私の感動!この山口のあいかさんもまさにそのまんま。キレイで可愛いのに人懐っこい、そのうえ…大阪のその女性はどうなのか、最後まで知る事はできませんでしたが…山口の愛顧さ んは、めちゃエッチなんですって!まぁ、私の話はおいておいたとしても、皆さんにもきっと若い頃にきっと出会ったことがあると思 いますよ?ちょっと年上だけど可愛い、誰にでも愛される女性ってのにね?そんな彼女が今は27歳。うん、いいじゃないですか!あ れから年月も立ちましたが、今でもアナタのことを考えると、オレ、いやボクは…当時の憧れは今も胸に、鮮明に蘇るんです!…って な、青臭いこの衝動。これだからオトコはいつまでも少年だって言われるんでしょうけど、それ、全然けっこうなハナシじゃないですか?


田町/ピンサロ
ニューサラダの国
TEL 086-221-1888
あいかチャン

編集部オススメのお店

写真この山口のデリヘル店のネーミング、聞きなれない方のために説明すれば、いわゆるバス停車場ならぬ電車停車場の略が電停なのだ。平たく言えば駅その もの。なぜそんな名前なのか?それはこのお店のスタイルがとても大きく関与していることは想像に容易い。最近こういうお店も増えてきた感もあるデリヘルではなく「待ち合わせ」なのだが、そのステージはズバリ駅。受付所などで男子スタッフとパネルを前にやりとりするなど、そ んなものも「仮想の恋人空間」を風俗に求めるのならば、ナンセンスの極みともなりやしないか?誰にも会わない、邪魔されるなども なく、駅で女性と待ち合わせ、ラブホなどでつかの間の逢瀬を楽しんだ後は、名残惜しくもまたその駅で別れる…古来より「駅」を題 材に、出会い、再会、出発、別れ、旅立ち、さまざまなヒューマンドラマというものは形成されてきたものだが、まさにこのお店ではその再現を、しかも主役は言うまでも無くアナタというキャスティングで開演されるというのだ。そして言うまでも無く、アナタの共 演者であり主演女優というのは?下は10代〜上は30代までの美形ぞろい。そしてこのお店の大きな特色、動画で女性のイメージを鑑賞できるという点も見逃せない。さしずめ女優のプロモーションビデオといった体裁である。


山口市発/デリヘル(OL・モデル系)
秘密の電停
TEL 0120-132-809

古式ゆかしい街、長州山口。


幕末には一躍舞台の主役にもなった。国を思う志士達の熱い情熱や躍動は多くの人々の胸を打ち、各地から今もなお残る息吹や足跡を求め、観光で見える方も多い山口県。かつて幕末には桂小五郎や伊藤俊輔など、名だたる偉人を輩出し続けた長州藩士、もちろん高杉晋作なる偉人も。彼もこの地に生まれたわけ なのだが、最期まで付き添ったのは芸妓出身の女性だったとか。(桂小五郎:木戸孝允の妻も元・芸妓「幾松」)破天荒、豪胆、男気、英知、そして女好き。彼の場合は、これらも全て浪漫という言葉でまとめることが出来るように思う。一見、頑固で男一徹のよう な気性でありながらも、他のどの班にも先駆けた先見の思想、国の禁を破ってまでも必要とあらば海外文化を取り入れる積極性。そして他人を「おまえ」「おぬし」「貴様」などではなく、「キミ」と呼び始めた…いや、女性に対してであっても、キミと言ったはじめ ての日本人達。なんだかんだひっくるめても、この生き様を語るにおいて浪漫の底はあまりにも深すぎる。今の時代を生きる我々…もちろん、当時ほどではないにしても、波乱や激動も多々ある時代に生きる我々。仕事の事も、人生の事も、もちろん多々考えながら も、遊びにも手を抜かない長州気質の浪漫というものに身を任せる時間も忘れちゃならないと思うのだよ…ねぇ?キミ。